ABOUT

【haRe】 ハレとケ…日本人の伝統的な世界観のひとつ。 ハレというのは非日常のことで、ケというのは日常のことを言います。日常生活は単調な日々の暮らしの営みですが、ハレの日はそれとははっきりと区別をつける特別な日でした。語源は「晴れ」とされ、現代でも晴れ着、晴れの日、晴れ舞台などという言葉として使われています。 ケというのは普段の日常生活そのものを言い、漢字では褻と書きます。昔は普段着のことを褻着(けぎ)と言っていたそうで、ケというのはここから生まれた言葉とされています。 晴れ着と褻着、ハレの日のご馳走と普段の食事など、循環の良いリズムが日本人の文化の根源にはあり、「悪いことばかりは続かない」と人を励ましたり、「良いことのあとには悪いことがある」と自分を戒めたりしながら、バランスの取れた暮らしをしていました。 haReでは皆さんの『良い日常を過ごす為の非日常』を提案出来ることを目指し、バイク乗りの店主が心のままにセレクトしております。 纏うことで日常より少しハレた気持ちで過ごせるような、自分の中にあるシンプルな感情を大切に出来るような、 誰かにとってのそんな場所でありますように。